創作漫画

第12話『前世は幼馴染の親友王子』

羽山 とりん

ルーン王子(前世の流音)は元々の雰囲気が中性的+女子力高めでした。

スポンサーリンク

主人公達はようやく中学生です

前回までは小学校高学年の設定でしたが、今回は中学生に上がってます。汰楽が前世の記憶を徐々に思い出していく数ヶ月の間に成長しました。やっと流音の髪型が固定できる…。

一コマ目で流音が怪力キャラみたいになっているのは体を鍛えて中学生まで成長した事と、前世の影響で魔法の扱いに能力が傾いているので力の加え方が少々狂っています。

作者羽山
作者羽山

おそらく運動音痴の筋力版です

音妖精プオン
音妖精プオン

そのまま変な設定で流音ちゃんを脳筋にしないでね!?

次回からは汰楽目線のお話も描けるので今まで以上にキャラクター達について広げられそうですが、作者の私が色々と行っているので(音声投稿活動の復活、小説作り、動画編集の練習)更新がゆっくり状態です。

月に1話か2話の投稿になりますがまだまだネタ切れではないので、今後もよろしくお願いします!

スポンサーリンク
ABOUT ME
羽山とりん
羽山とりん
見習い創作者
まっしろラボの運営者。絵、小説、作曲など創作が好きな30代。女子力低め。ボカロPと歌い手を目指している。イラストの練習目的で当サイトを開設。オリジナル小説サイトも運営中。 小説家になろうへの投稿も始めました。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました